私が利用した健康食品は、シン・ゴジラは数あるゴジラ映画の中でも特異な存在だと思います。例えば架空のスーパー兵器は出ない(ゴジラを倒す決定打はSF的ガジェットですが)、同じくやたら詳しい博士が出ない、自衛隊を含めた公共機関の動向がリアリティを感じる、政府の会議シーンに尺が多く取られているが飽きる事が無い、など異例ずくめです。ゴジラへの政府の対応側にいる人たちが皆、中々に曲者ぞろいで個性的かつ魅力的なキャラばかりで、難解なストーリーの中ぐいぐいと引きこんでくれました。しかし、やはり何といっても一番不可思議で一番魅力的なのは「ゴジラ」です。なぜ日本に現れたのか、なぜ上陸して街を蹂躙するのか、最後まで分かりません。ですがそれすらちっぽけであり、我々はただゴジラを見上げるしかないのです。ゴジラがその姿を現した時点で、ハッピーエンドなどありようも無く無常感が漂うまま。それは紛れもなくゴジラの映画であるとも言えるでしょう。

健康食品を利用してみて、「虚構(ゴジラ)VS現実(リアル)」とポスターにもあったように、政府の初期対応から会議に次ぐ会議、未曾有の事態に右往左往する内閣、逐一許可を求め統制の取れた自衛隊、同盟国の妙に素早い対応、等々な「リアル」。対して初め水棲生物状の体型から突如直立したかと思ったら再上陸時には巨大化。自衛隊の火力では歯が立たず米軍のミサイルでやっとダメージを与えたものの、ゴジラの原子熱炎で東京都心は地獄の様相を呈します。すべての打つ手を失ったかに見えますが、政府が集めた一癖ある者達が突き止めたゴジラを凍結する作戦に賭ける所は高揚します!その作戦で使える物は何でも(新幹線でも!)使い、効果を発揮するのも面白いです。
よく読まれてるサイト>>>>>デリケートゾーン石鹸ランキング@最新人気はこれ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *